スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ENTRODUCING DJSHADOW



1. Best Foot Forward ListenListen Listen Listen
2. Building Steam With a Grain of Salt ListenListen Listen Listen
3. Number Song ListenListen Listen Listen
4. Changeling ListenListen Listen Listen
5. What Does Your Soul Look Like, Pt. 4 ListenListen Listen Listen
6. [Untitled]
7. Stem/Long Stem
8. Mutual Slump
9 . Organ Donor 必聴!
10. Why Hip Hop Sucks in '96
11. Midnight in a Perfect World
12. Napalm Brain/Scatter Brain
13. What Does Your Soul Look Like, Pt. 1: Blue Sky Revisit


HIPHOPのジャンルに分類してよいものかわからなかったが、
アブストラクト・ヒップホップということでここにレビューを書くことにしました。

このアルバムはAKAI製MPC 60と後に入手したMPC 3000、DAWソフトと
Technics製のターンテーブルそしてミキサーのみで作られたらしい。
またこの曲のほとんどはオーナーがなくなったレコード屋からネタを掘り出して、
作ったようだ。(Wikipediaより)

これだけの機材で個々までの音が出来ることがびっくり。
なかでもOrgan Donorが一番好きだったりする。
HIPHOPっぽさはないけれど、この曲を聴いているとなんか落ち着く。

自分はスクラッチの技術とかわからないので、
どの曲のスクラッチがすげーとかわからないけれど、
とにかくこのアルバムはすげーと思う。

一曲目も半端なくかっこいい、オープニングテーマ見たいなものだけど、
スクラッチカッケーと思う。

DJにあこがれてるんなら、このアルバム聴いてないと恥ずかしいかもよ
スポンサーサイト

Pendulum Immersion

きっかけはSummerSonicの予習で聞き始めたことだ。
メタルのアーティストとコラボするテクノグループみたいなのはあると聞いていて
それは聞かねば!!とおもって即購入。





このCDを聞いたときの高揚感は伊達ではない。
シングルカットされているWaterColorの泣きの歌メロと単純なキーボードのリズム。
この一曲のために買う価値がある。

またProdigyのLiamとのコラボ。Plodigyの曲に比べたらむろん劣るけれど
単純に盛り上がれる一曲。

そしてインフレイムスとのコラボ・・・
聴いた瞬間に頭ふってましたね。。。
このギターリフからどうPendulum色を出すんだろうとワクワクしながら聞いていたら、
あぁPendulumだと思う曲展開からの~シャウト!!

とにかくメタルとテクノが両方すきって言う人は買わない理由がみあたらない一枚

フジファブリック SINGLES



僕がフジファブリックをちゃんと聞いたのは、志村正彦が死んでからだ。
ずっと名前は知っていたけど、Sugerくらいしか聞いたことなくて、
ちゃんと聞きたいなぁとは思っていたのだけど、
洋楽のCD集めにはまってて邦楽にかける予算はなかった。

志村正彦が死んだニュースをみて、SINGLESが出たので買おうと思って、
そこではじめて聞いた(わりかしけちな僕はいろいろなアーティストをききたいのでベストをよく買います)

若者のすべてを聞いたとき、なんだか泣けてきた。
真夏の思い出と会いたい人にあえない、あってもうまく話せないもどかしさ、
若者の青春の気難しさが詰まっている。

こんなすばらしい曲のライブを二度みれないことが悲しい。

フジファブリックの曲がすべていいとは思わないけれど、
志村正彦が生きていれば若者のすべてを超える名曲を生み出していたかもしれない。
それを思うと残念でならない。

LOU REED Transformer



LOU REEDを知ったのは大学のサークルのチラシ
へったくそな絵の横にLOU REEDって書いてあって誰なんだろうと疑問に思った。
大学に入学した当初の自分は音楽に自分では詳しいほうと思ってたけど、
はっきりいって今思えば恥ずかしいぐらい当たり前なことを知らなかった。
大学の先輩にVelvet Undergroundのアルバムをきいて何も感じなかった僕は、
そのままLOU REEDのことなんか忘れていた。

ある日トレインスポッティングという映画で主人公が病院に運び込まれるシーンで
Perfect Dayが流れていた。
これはなんていい曲なんだ!誰の曲だ?
LOU REEDだった。

このアルバムはLOU REEDのキャリアの中かなりPOPなほうだと思う。
(ベルリンは聞いたけど、あまりいいと思わなかった)

とにかくどんな御託をならべるよりもPerfect Dayを聞いてほしい。
こんなやさしくて素敵な曲はない。
大好きなサビをつたない翻訳とともにどうぞ

Oh, it's such a perfect day
今日はなんて完璧な日
I'm glad I spent it with you
僕は君とこんな日をすごせてとてもうれしい
Oh, such a perfect day
ああなんて完璧な日
You just keep me hanging on
君は僕にただしがみついている
You just keep me hanging on
君は僕にただしがみついている
プロフィール
888.jpg

突発王子

音楽が心の支え

広告
過去の漫画はこちら
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
クリックしてね
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村
最新コメント
FC2カウンター
読者になってね
最新トラックバック
フリーエリア
検索フォーム
リンクしてください
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。